ホッと一息

mouippai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅( 13 )

2日目 札幌・小樽  3日目 会食

2日目は、
札幌の時計台を見てから小樽に行く事にしました。

ホテルを出たらすぐ<北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)>が見え
開拓使のシンボル赤い星が外壁にありました。

「北海道開拓使とは人でなく開拓のために置かれた官庁の名称」
札幌ビールのマークと思っていた⭐️は、
北海道開拓使のシンボルである北極星を
モチーフにした「五稜星」が始まりだそうです。
c0097838_12162149.jpg




c0097838_10385021.jpg




<札幌の時計台>にも
時計の下の三角のところに星のマークが2つあります。
c0097838_10434526.jpg


時計台の中に入って塔時計の歴史や仕組み、
動力にはおもり(木箱に小石を詰めたもの)を使っていて
運針用が50kg・打鐘用が150kgを
今も人の力で週2回おもりの巻き上げをしていることを聞いたら
ちょっと胸が熱くなりました。

c0097838_10382377.jpg


時計台は「行ってガッカリの観光スポット」なんて
耳にしたことがありますが違っていました。
建物はは北大の前身旧札幌農学校の演舞場だったそうで
2階の講堂は現在音楽会・講演会・結婚式などに貸し出されているそうです。

c0097838_10270927.jpg




札幌駅からJRの快速に乗って30分で小樽に着き
「小樽運河」まで10分位歩きました。

運河沿いに石造り倉庫(現在はレストランなどが入っている)だった建物が並んでいて
散策路として御影石のブロックが銀杏模様に敷き詰められガス灯も設けられている。

c0097838_11045018.jpg

夜のライトアップが綺麗というので
帰りに時間があったらもう一度来ることにしました。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
暗くなってからもう一度行って見た夜景
倉庫が河面に写って綺麗でした~

c0097838_11481400.jpg

c0097838_11313139.jpg
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


時間が前後しますが次へ動く前にお昼を食べる事にして
ネットや旅行本で調べていた小樽駅隣の三角市場へ。
皆んなお好みの海鮮丼と蟹汁・アオサ汁
怖そうな見かけのハッカクのお刺身を注文・・・

c0097838_18081697.jpg

ご飯の上に蟹の身がびっしり入っていて海鮮が大盛りでした。
c0097838_12200183.jpg



昼食の後はロープウェイに乗って「天狗山」へ・・・

c0097838_11445813.jpg

天狗山パワースポット・リス園

c0097838_12281297.jpg

天狗山神社を参拝して森林浴コース(20分位)を歩きました。

c0097838_12320539.jpg

景色が素晴らしかった~

天狗山を下りて小樽の町を歩きました。
観光地の町で「鎌倉の小町通りをゆったりさせたような感じ」です。
ガラス工芸品のお店が多くて意外でしたが、
ニシン漁に使うガラス製の浮き玉などが始まりだそうです。
前はお土産に木彫りの民芸品がトップだったのが
ガラス製品にシフトして北海道でガラスといえば小樽だそうです。

途中お茶休憩もして暗くなり始め、
やっぱり「小樽運河」夜景を見たいと急ぎました。
倉庫が河面に映って綺麗でした。(写真↑)


小樽から札幌へ
札幌駅からホテルへの途中夕食に若い2人のおすすめでスープカレー屋さんへ

カレーは外で食べる物と思ってなかった私、
スープカレー専門店は初めて入りましたが「厚切りベーコン・野菜カレー」を選んだら
カボチャ・ナス・パプリカなど大きな野菜の素揚げが入っていて
辛さ3番目はとても美味しかった。
c0097838_11301824.jpg




More・・・お嫁さんのご両親と会食
[PR]
by miso-soup10201342 | 2017-10-10 18:15 | | Comments(0)

札幌・小樽の旅 1日目

日曜日に旅行から帰ってきて今週はより速く時間が過ぎました。
月曜日からいつもの毎日です。

忘れない内に北海道での事を記録・・・
千歳空港にお昼過ぎに着いて空港で昼食を食べてから電車で札幌へ
ホテルに荷物を置いて札幌市内を歩きました。
2泊3日でお嫁さんのご家族との会食もあるので、
着いたこの日も急いで観光です。

時間的にこの日しか行けない北海道大学へ、
ホテルから歩いて7~8分で北大入り口です。

c0097838_11294622.jpg


構内は四季を通して風景を楽しむ事ができ観光名所になっているそうです。
バスも構内を巡回しています。
散策して前から見たいと思ってたポプラ並木の所まで歩きました。
北大のポプラの木は明治36年に植えられたそうです。

高過ぎて相当離れないと一番上まで撮れない、
ポプラは高いものでは40mにもなるそうです。

c0097838_17501674.jpg

並木の奥は広い畑があったり

c0097838_17521314.jpg

ポプラ並木の右手側はクロユリの群生地になっています。
時期的に花はさいていませんが、
毎年5月中旬~6月上旬にかけて真っ黒いクロユリが満開になるそうです。
「昔は構内の至るところで自生していたクロユリのお花畑を復元したもの」

c0097838_12021698.jpg

c0097838_17524233.jpg


白樺の木も沢山見ました。

c0097838_17515172.jpg


1日目の夕食はサッポロビールジンギスカン園へ行って
初めてのジンギスカンを食べました。
お肉がサッパリしていて美味しかった・・・パクパクと危険な勢い(笑)
c0097838_17314532.jpg
ジンギスカン鍋、
取っ手のところを入れると北海道の形をしていました。
c0097838_17313180.jpg

[PR]
by miso-soup10201342 | 2017-10-07 11:54 | | Comments(2)

万座毛   首里城   国際通りの市場

フクギ並木からホテルへ戻る途中<万座毛>へ寄りました。
万座毛(原っぱ)は○○からの観光客でいっぱいで
大きな声で○○語が飛び交っていました。
美しいというサンセットを見たかったのですが、
それまでにまだ時間があり今回はパスしました。

c0097838_17283490.jpg


お嫁さんのご両親はお姉さん一家とご一緒で
結婚式の会食の後は別行動でした。
次男は仕事のため結婚式の翌日戻ったので
沖縄をたつ日は長男夫婦と一緒で
チェックアウトの前にグラスボートに乗りました。

c0097838_17361927.jpg
沖縄の海は世界で一番珊瑚が多いそうで
ボートの底のガラス越しに海底の珊瑚と魚を見ました。


チェックアウトをして那覇へ
帰りの飛行機が那覇発18時過ぎ、
時間があるので<首里城>へ行きました。
ここも○○からの観光客でいっぱいでした。

c0097838_17443620.jpg

古宇利島と美ら海水族館以外は、
観光スポットをザッと見て歩いただけでした。

レンタカーを返す前に国際通りを歩いて
お昼を食べたりお土産を買ったりしました。

c0097838_18002104.jpg
海鮮市場で買った青い魚(グルクン)をお刺身にしてもらって
上の食堂で食べました。
新鮮で美味しかった。

c0097838_18004083.jpg
他に豚足の入った沖縄ソバやイカ墨の炒飯をシェアしながら頂きました。
c0097838_18051032.jpg


[PR]
by miso-soup10201342 | 2016-07-12 18:36 | | Comments(2)

美ら海水族館 備瀬のフクギ並木

古宇利島から美ら海水族館へ
c0097838_18305259.jpg

水族館ではタイミング良く
ジンベイ鮫への餌やりを見れました。
すごく混んでいて夏休みになったら
どれ位の人になるんだろうと思いました。
水族館のある海洋博公園は、
3つ(歴史と文化・海・花と緑)のエリアがあってかなりの広さ、
真夏見て回るのはとってもハード
他にも行きたい所があって時間が足りず水族館だけ見ました。



水族館から車で5分位の場所にある<備瀬のフクギ並木>
フクギは防風林として古く(300年位前)から沖縄で使われている樹木で
フクギが並木として残っているのはこの備瀬地区だけで
現在も住まわれている古民家が230戸位あり
古き良き沖縄の原風景が残された地域だそうです。
ゆったりとした時間の流れを感じる場所です。
c0097838_18325755.jpg
「沖縄は夏に多くの台風が襲来するばかりでなく、
冬は北の季節風が吹き荒れる」
フクギは幹が真っ直ぐ伸びて
葉が根元近くから密集して生え
並べて植えると緑の壁のようになるので
防風や防潮のため植えられたそうです。

c0097838_18315792.jpg
葉っぱが厚く燃えにくいため防火にも良かったそうです。

c0097838_18324204.jpg
「備瀬地区は集落が碁盤の目のように区画されており
家はフクギにかこまれている。
フクギは防風林としてはもちろん、
垣根としての役割を持ち
その垣根が連なって約1㎞の並木道を作っている」
c0097838_18322943.jpg

[PR]
by miso-soup10201342 | 2016-07-09 23:11 | | Comments(0)

沖縄本島北部(古宇利島)

恩納村のホテル10階からの海
エメラルドグリーンやコバルトブルー、
色が何層かに分かれて本当に美しい。

c0097838_11451740.jpg



結婚式翌日は沖縄本島北部の観光スポットを回りました。

先ず名護を通って北部の中でも更に北に位置している<古宇利島>へ
古宇利島に渡る全長1960メートルの<古宇利大橋>
車を止めて景色を見たいけれど橋の上では駐車禁止です。
c0097838_12034635.jpg


古宇利島へ渡ったら自動カートに乗って海抜82メートルへ
c0097838_13150146.jpg


上にあるオーシャンタワーの中に入ると1万点以上の世界の貝を
展示したシェル(貝殻)ミュージアム・上は展望タワー
c0097838_18075025.jpg


4年前来た時はカートもタワーもなく
上まで歩いて登ったと夫が言っていました。
c0097838_13123428.jpg


展望タワーから・・・
c0097838_17200886.jpg

[PR]
by miso-soup10201342 | 2016-07-08 17:28 | | Comments(2)

沖縄3泊4日

二人の希望で結婚式を沖縄で挙げる事になりました。
スマホ投稿しようと思ってたのに
向こうでは忘れていて帰って来てからになりました。

当日朝でていた虹・・・
c0097838_16123766.jpg


写真撮影は集合写真も屋外でした。
暑かったですが好いお天気のもと素敵な結婚式になりました。
c0097838_16071278.jpg


[PR]
by miso-soup10201342 | 2016-07-07 16:43 | | Comments(2)

熊野那智大社・那智の滝(熊野川が氾濫したそうです)  夕食

「和歌山県新宮市の熊野川が氾濫し
熊野本宮大社近くの国道168号線の一部が冠水」して
熊野川周辺はかなり被害が出ているようです。
熊野三山へ行った時バスガイドさんに
2011年の台風12号にともなう紀伊半島豪雨の甚大な被害の話を聞きました。
川の水位が20mを超え車が電線に引っ掛かった場所近くを通りました。
今回の台風11号その時の台風に似ているそうです。
これ以上ひどくなりませんように・・・


c0097838_09050972.jpg
霊地那智山への入口杉並木に囲まれた石段「大門坂」、
古代の人々が京都から1か月かけてお参りした熊野三山最後の難所だそうです。
今は多くの人が車で那智山まで登ってしまうそうですが
昔の人の歩いたほんの一部大門坂を歩きました。
途中「大門坂茶屋」で平安衣装の有料貸出をしていて
衣装を着た女性が下りてきました。
こんな広告どこかで見たような気がします。

木と人の大きさに差があり過ぎて分かりにくいですが奥下の方人が歩いてます~
c0097838_08581209.jpg

参道の石段を登り朱塗りの鳥居をくぐると「熊野那智大社」
4年前の台風による豪雨では裏山が崩れ社殿の一部が土砂に埋もれ
屋根も破損する被害があったそうです。
c0097838_09052242.jpg
拝殿横に八咫烏(ヤタガラス)の像があります。
日本サッカー協会のシンボルマークにもなっている八咫烏は、
「日本神話の中で神武天皇の元に遣わされ熊野から大和へ
道案内をしたといわれる三本足の大きなカラス」だそうです。

c0097838_11224952.jpg


すぐ隣は那智山青岸渡寺です。

c0097838_11222681.jpg
境内からは三重の塔の向こうに那智の滝が見下ろせます。

c0097838_09061275.jpg


夜のライトアップ・那智の滝をご神体とする飛瀧神社の正式参拝にも参加しました。
写真は上手く撮れていません。

c0097838_12343849.jpg


More・・・夕食
[PR]
by miso-soup10201342 | 2015-07-17 18:00 | | Comments(2)

熊野古道と三山のうち熊野本宮大社・熊野速玉大社  夕食  

横浜は久しぶりの大雨でした。
毎年、空梅雨でも心配だし集中して降り過ぎても心配しますね。

帰ってきてから4日も経ちました・・・

雨の高野山に行った翌日は晴れ、
熊野三山への道、熊野古道を歩きました。
と言っても中辺路のほんの一部(伏拝口から熊野本宮大社までの)
約4キロのコースを途中語り部さんの話を聞きながら歩きました。
c0097838_10040143.jpg

山の中に昔の人が作った古道ですから
大きい石がゴロゴロ敷かれた坂や
時代によっては歩きやすいように敷きならされた所もありました。
殆んどが坂道で石に生えた苔が前日の雨で濡れて時々滑りました。
本当に大変な所は歩きながら写真は撮れません。

語り部さんが途中で「この辺はうちの山です」と言っていました。
若い頃都会で働いたこともあるそうですが、
生まれ育った自然がよくて帰って来たそうです。
c0097838_17532058.jpg


約4キロの古道を歩いて158段の階段を上ると熊野本宮大社の総門
c0097838_10051268.jpg

三山の中でも特に古式ゆかしい雰囲気の社殿が生い茂る杉木立の中にありました。

c0097838_10052006.jpg


熊野本宮大社シンボルのヤタガラスが
サッカー日本代表のシンボルマークになっていて
その大きなユニホームが隣の神社に張って祈願されていました。
女子サッカー頑張ってますね。
c0097838_19210524.jpg


この日三山のあと2つに行く予定でお昼はバスの中でお弁当を食べました。
この辺りでは秋刀魚寿司よく食べられてるそうで入ってました。

c0097838_17260207.jpg


熊野速玉大社総門と
三日間、歴史・地理を淀み無くガイドし続けたバスガイドさん
プロ意識を感じました。
c0097838_12032637.jpg

朱色が鮮やかな社殿
c0097838_18165530.jpg


30回以上も熊野参詣された上皇もいて
昔の事で大変な御幸だったでしょうね。
c0097838_19090256.jpg



More
[PR]
by miso-soup10201342 | 2015-07-03 20:13 | | Comments(4)

初日は<高野山>  夕食

紀伊地方の初日は小降りの雨でした。
「高野山という名称の山は無い、
 峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す」
標高約1000mに48292坪の広い町(コンビニなどもあって)でした。
山内に点在するお寺は117寺でそのうち52寺が宿坊として
高野山を訪れる人に宿を提供しているそうです。
次回は宿坊に泊まってみよう。
今年は弘法大使<空海>によって開かれてから1200年目。

c0097838_10554785.jpg


高野山の主な所を案内してくれた人、ダジャレを連発して面白い人でした。
c0097838_12241412.jpg


皇室・公家・大名などのお墓が20万基以上あるらしい。
c0097838_12080678.jpg


お昼は精進料理、
案内してくれた人は「精進料理は美味しくないですね」と言ってました。
体に優しい感じで美味しかったです。

c0097838_12082600.jpg



More・・・夕食その他 
[PR]
by miso-soup10201342 | 2015-07-01 18:00 | | Comments(4)

上高地  明神橋で折り返し

曇っています・・・今日は皆既月食が見れるでしょうか⁉
上高地ではお天気が好かったと書きましたが着いた日の夜は曇っていて
双眼鏡で星を見るつもりが見れませんでした。

穂高神社奥宮でお参りしてきました。
これから明神橋を渡って折り返します。
c0097838_10462.jpg

川岸で休憩している人が沢山います・・・やっぱりここで引き返すのかな
朝ホテルを出てから4時間今度は梓川左岸道を歩いて
途中の上高地バスターミナルまで戻ります。
c0097838_1043816.jpg

c0097838_11293074.jpg
明神橋の上で振り返ると

明神岳(穂高連峰)が
見えます。






50分位歩いて小梨平キャンプ場 
c0097838_18285219.jpg

「日本アルプスを世界に紹介した英国人宣教師ウェストン碑」左と
右はウェストンの道案内をした嘉門次の碑(嘉門次小屋)

c0097838_11573714.jpgc0097838_11575814.jpg








上高地バスターミナルにあるインフォメーションセンター
時間までこの向かいにあるお店で土産物を見たり
野沢菜のおやきを食べたりしました。
c0097838_1254568.jpg

マイカーは年間を通じて乗り入れが規制されていて、
ここから旅行会社専用車です。
行きはシャトルバスで帰りは人数が少ないからかタクシーでした。
松本駅まで1時間半です。

新宿↔松本往復の「スーパーあずさ」        
c0097838_16303662.jpg

紅葉した木を沢山見ました・・・次回に


  夕食・・・最初に1枚撮りました。
c0097838_16421162.jpg

  朝食・・・コーヒーが美味しかった。
c0097838_16324126.jpg

[PR]
by miso-soup10201342 | 2014-10-08 18:43 | | Comments(6)
line

日々の出来事やその感想を書き留めておく備忘録


by miso-soup10201342
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30