人気ブログランキング |

ホッと一息

mouippai.exblog.jp ブログトップ

母のこと  義父母のお墓参り

母は、股関節の間にある軟骨が磨り減って、
骨どうしが擦れてしまう状態になり、50代で手術をしました。
3~4ヶ月入院してリハビリもあり、片足づつ慣れるのに、
2年をかけての手術でした。

今も母の股関節のレントゲン写真を見ると、両足とも大きなねじ釘のような物が写ります。
35年くらい前の話でその頃はまだ、そんな手術が日本では一般的でなく、
そのねじ釘(の様なもの)も、よその国から輸入されたもので、
先生もその手術は、初めてだったようです。

手術の後、そのネジ釘(の様なもの)の寿命は20年位で、
「その頃になったら又手術で新しいものに代えることになる。」と
主治医に言われましたが、再手術なしで35年を過ぎました。

現在通っている整形外科の検診で
「しっかり機能しているけど、母の足腰の方がそれについて行けなくなっている」と
先生に言われました。

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

月曜日、義父母のお墓参りに行ってきました。
途中でお花を買って、いつものようにお墓を掃除してお参りしてきました。

孫をかわいがってくれ、息子たちが中学生の頃まで
誕生日やクリスマスには大きなケーキを持って来てくれました。
義父母に食事を作った事がありません。
「子持ちはそんなことしなくていいのよ」と来る度に、
沢山のお惣菜やお菓子などを持ってきて、食事に連れてってくれました。
義父母が来る日は、私にとっても楽ができる楽しい日でした。
懐かしく思い出して、そんな日々があった事に感謝しています。

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お墓参りの帰り、遅い昼食を食べてきました。
秋刀魚とホウレン草のスパゲティーと秋野菜オムレツのトマトスパゲティー
c0097838_1251615.jpgc0097838_1253993.jpg










c0097838_126972.jpgc0097838_1262698.jpg
by miso-soup10201342 | 2010-09-22 11:42 | Comments(0)