ホッと一息

mouippai.exblog.jp ブログトップ

2日目 札幌・小樽  3日目 会食

2日目は、
札幌の時計台を見てから小樽に行く事にしました。

ホテルを出たらすぐ<北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)>が見え
開拓使のシンボル赤い星が外壁にありました。

「北海道開拓使とは人でなく開拓のために置かれた官庁の名称」
札幌ビールのマークと思っていた⭐️は、
北海道開拓使のシンボルである北極星を
モチーフにした「五稜星」が始まりだそうです。
c0097838_12162149.jpg




c0097838_10385021.jpg




<札幌の時計台>にも
時計の下の三角のところに星のマークが2つあります。
c0097838_10434526.jpg


時計台の中に入って塔時計の歴史や仕組み、
動力にはおもり(木箱に小石を詰めたもの)を使っていて
運針用が50kg・打鐘用が150kgを
今も人の力で週2回おもりの巻き上げをしていることを聞いたら
ちょっと胸が熱くなりました。

c0097838_10382377.jpg


時計台は「行ってガッカリの観光スポット」なんて
耳にしたことがありますが違っていました。
建物はは北大の前身旧札幌農学校の演舞場だったそうで
2階の講堂は現在音楽会・講演会・結婚式などに貸し出されているそうです。

c0097838_10270927.jpg




札幌駅からJRの快速に乗って30分で小樽に着き
「小樽運河」まで10分位歩きました。

運河沿いに石造り倉庫(現在はレストランなどが入っている)だった建物が並んでいて
散策路として御影石のブロックが銀杏模様に敷き詰められガス灯も設けられている。

c0097838_11045018.jpg

夜のライトアップが綺麗というので
帰りに時間があったらもう一度来ることにしました。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
暗くなってからもう一度行って見た夜景
倉庫が河面に写って綺麗でした~

c0097838_11481400.jpg

c0097838_11313139.jpg
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


時間が前後しますが次へ動く前にお昼を食べる事にして
ネットや旅行本で調べていた小樽駅隣の三角市場へ。
皆んなお好みの海鮮丼と蟹汁・アオサ汁
怖そうな見かけのハッカクのお刺身を注文・・・

c0097838_18081697.jpg

ご飯の上に蟹の身がびっしり入っていて海鮮が大盛りでした。
c0097838_12200183.jpg



昼食の後はロープウェイに乗って「天狗山」へ・・・

c0097838_11445813.jpg

天狗山パワースポット・リス園

c0097838_12281297.jpg

天狗山神社を参拝して森林浴コース(20分位)を歩きました。

c0097838_12320539.jpg

景色が素晴らしかった~

天狗山を下りて小樽の町を歩きました。
観光地の町で「鎌倉の小町通りをゆったりさせたような感じ」です。
ガラス工芸品のお店が多くて意外でしたが、
ニシン漁に使うガラス製の浮き玉などが始まりだそうです。
前はお土産に木彫りの民芸品がトップだったのが
ガラス製品にシフトして北海道でガラスといえば小樽だそうです。

途中お茶休憩もして暗くなり始め、
やっぱり「小樽運河」夜景を見たいと急ぎました。
倉庫が河面に映って綺麗でした。(写真↑)


小樽から札幌へ
札幌駅からホテルへの途中夕食に若い2人のおすすめでスープカレー屋さんへ

カレーは外で食べる物と思ってなかった私、
スープカレー専門店は初めて入りましたが「厚切りベーコン・野菜カレー」を選んだら
カボチャ・ナス・パプリカなど大きな野菜の素揚げが入っていて
辛さ3番目はとても美味しかった。
c0097838_11301824.jpg






3日目
帰りの飛行機は夕方6時半発ですが観光の予定はありません。

北海道出身の次男のお嫁さんのご両親との会食です。
前日までのお嫁さんも一緒の旅の事で話が弾みました。
優しそうなご両親でホッとしました。

お料理写真1枚
c0097838_12172975.jpg
ホテルロビーと
c0097838_12155944.jpg

壁の装飾・・・
c0097838_12162955.jpg






[PR]
by miso-soup10201342 | 2017-10-10 18:15 | | Comments(0)
line

日々の出来事やその感想を書き留めておく備忘録


by miso-soup10201342
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31